Langsmith Editor

東北大学xLangsmith

東北大学の推進する研究力強化を支援

東北大学プラン

東北大学プランは、東北大学に在籍している学生または教職員であれば、東北大学メール(@tohoku.ac.jp、@dc.tohoku.ac.jp)を使って無料でLangsmith Editorを利用できます。

学生や教職員が、論文やメールを書く時に「Langsmith Editor」を使えば、アイディア、発見、メールの内容を「文章で正確に分かりやすく伝える」ことができます。

東北大学プランでできること

東北大学プランでは、東北大学に在籍している学生、または教職員であれば、誰でも無料でLangsmith Editorを利用できます。

英語の論文やメール作成など、時間がかかる作業をLangsmith Editorで効率化できます。

Langsmith Editorは、基本的な校正機能に加え、「自然な文章候補の提案」や「次につながる自然な文章の提案」で英文作成をサポートします。

Langsmith Editor

作業の効率化

時間がかかる英語の論文やメールの作成を効率よくすすめることができる

Langsmith Editor

基本的な校正機能

スペルミスの訂正や基本的な校正機能が使える

Langsmith Editor

よりよい文章の提案

書いた文章がさらによい文章になるように、文章候補の提案や次につながる文の提案をしてくれる

Langsmith Editorでできること

Langsmith Editorでは、スペルミスの訂正といった基本的な校正機能に加え、大量の論⽂データで書き方のパターンを学習したAIが様々な言い回しや続きの文章などを提案します。

執筆者が書いた文章をもとに、システムが様々な書き換え案を提示し、執筆者が提案を取捨選択しながら文章を完成させていく、人とシステムの協働を期待したサービスです。

また、用例検索など論文執筆時に役立つ機能が1つのエディタに集約されており、効率的な執筆を手助けします。

Langsmith Editorでできること

Langsmith Editorの特徴

Langsmith Editorの特徴「書き換え」

書き換え

文や単語を選択すると、書かれている内容を踏まえ、より自然な修正候補を提案します。
もっと詳しく

Langsmith Editorの特徴「自動補完」

自動補完

大量の論文データの傾向を考慮して、次にどのような内容が続くと自然か、文章の続きの例を提示します。
もっと詳しく

Langsmith Editorの特徴「論文執筆時に役立つ機能を1つのエディタに集約」

オールインワン

論文執筆時に役立つ機能が1つのエディタに集約されています。書き換えや自動補完に加えて、用例検索や文章の流暢さの比較といった機能も充実しています。
もっと詳しく

Langsmith Editorの特徴「自然言語処理分野に特化したシステムに加え、機械学習・医学などの専門5分野に特化」

各分野への特化

研究分野ごとに好まれる言い回しや頻出する用語が異なるため、それぞれの分野に特化したシステムを開発しています。計算機科学分野に対応したシステムに加え、医学・化学・生物学などの専門分野を学習したAIが論文執筆をサポートします。
もっと詳しく

プラン別機能一覧

東北大学プランでは、Premiumプランのほとんどの機能を無料で利用できます(毎年無料更新でプラン継続ができます)。

\無料トライアル付き
Free
東北大学プラン Premium Enterprise
料金 無料
(会員登録あり)
無料
毎年無料更新でプラン継続ができます。
1,000円/月(税込)~  お問い合わせ 
自然な候補推薦・書き換え
続きの文章の提案
文法・スペルミス検出・訂正候補表示
対応分野 計算機科学分野の
論文執筆に最適なモデル
※無料トライアルでは提供中の
全分野のモデルが利用可
  • 医学
  • 化学
  • 生物学
  • 計算機科学
  • 心理学
  • 医学
  • 化学
  • 生物学
  • 計算機科学
  • 心理学
  • 医学
  • 化学
  • 生物学
  • 計算機科学
  • 心理学
文書のGoogleDrive保存
用例検索機能
比較機能
※無料トライアルで利用可
高機密性・高セキュリティ
優先的なパフォーマンス
※無料トライアルで利用可
利用者管理
お客様組織に応じた支払い方法

さらに高機密性・高セキュリティを必要とされる方は、PremiumプランまたはEnterpriseプランの契約をご検討ください。

東北大学プランに登録する方法

東北大学メール(@tohoku.ac.jp、@dc.tohoku.ac.jp)を使って、Langsmith Editorにアカウント登録し、メールアドレス認証、利用規約に同意すると東北大学プランをご利用いただけます。

東北大学プランを継続するために必要な東北大学メールアドレスの再認証は、「STEP 2」のLangsmith Editor 東北大学プランへの登録ページからできます。

対応分野

Langsmith Editorがサポートしている分野

Guestプラン・Freeプランでは計算機科学モデル(下位分野含まず)のみ利用可能です。

医学(Medicine)
化学(Chemistry)
生物学(Biology)
計算機科学(Computer Science)
画像処理(Computer Vision)
画像処理、コンピュータビジョン、パターン認識、シーン理解などの分野
機械学習(Machine Learning)
機械学習研究のすべての側面(教師あり、教師なし、強化学習、バンディット問題など)に関する分野
自然言語処理(Natural Language Processing)
自然言語処理、計算言語学などの分野
計算複雑性(Computational Complexity)
計算のモデル、複雑さのクラス、構造的複雑さ、複雑さのトレードオフ、周辺の分野
暗号理論とセキュリティ(Cryptography and Security)
認証、公開鍵暗号、証明書付きコードなど、暗号とセキュリティのすべての分野
並列計算(Distributed, Parallel, and Cluster Computing)
フォールトトレランス、分散アルゴリズム、安定性、並列計算、クラスタコンピューティングなどの分野
離散数学(Discrete Mathematics)
組合せ論、グラフ理論、確率の応用などの分野
データ構造とアルゴリズム(Data Structures and Algorithms)
データ構造とアルゴリズム解析などの分野
ゲーム理論(Game Theory)
コンピュータサイエンスとゲーム理論の接点における、すべての理論的および応用的側面に関する分野
ヒューマンコンピュータインタラクション(Human-Computer Interaction)
ヒューマンファクター、ユーザーインターフェース、コラボレーティブコンピューティングに関する分野
情報検索(Information Retrieval)
インデクシング、辞書、検索、コンテンツ、分析に関する分野
情報理論(Information Theory)
情報理論とコーディングの理論や実験に関する分野
情報論理学(Logic in Computer Science)
有限モデル理論、プログラムの論理、様相論理、プログラム検証など、コンピュータサイエンスの論理に関する分野
ニューラルネットワークと進化的計算論(Neural and Evolutionary Computing)
ニューラルネットワーク、コネクショニズム、遺伝的アルゴリズム、人工生命、適応行動などに関する分野
ネットワークアーキテクチャ(Networking and Internet Architecture)
ネットワークアーキテクチャとデザイン、ネットワークプロトコルなど、コンピュータ通信ネットワークに関する分野
ロボット工学(Robotics)
ロボット工学に関する分野
音情報科学(Sound)
サウンドモデル、分析と合成、オーディオ・ユーザー・インターフェースなど、音を使ったコンピューティングに関する分野
ソフトウェア工学(Software Engineering)
設計ツール、ソフトウェアメトリクス、テストとデバッグ、プログラミング環境などに関する分野
社会情報学(Social and Information Networks)
オンラインでの情報アクセス、コミュニケーション、インタラクションへの応用、ソーシャルネットワークや情報ネットワークのデザイン、分析、モデリングに関する分野
制御工学(Systems and Control)
自動制御システムに関する理論的、および実験的な研究に関する分野
心理学(Psychology)

よくある質問

東北大学プランは無料で使えますか?
東北大学プランは、東北大学に在籍している学生、または教職員であれば誰でも無料で利用できます。
毎年無料更新をすることで東北大学プランの継続ができます。
卒業生は利用できませんが、在籍中に登録していれば所定の有効期限までは利用できます。
東北大学プランの継続に必要な無料更新とは?
東北大学プランを継続する場合は、毎年無料更新が必要です。
登録日から1年毎に「Langsmith Editor 東北大学プランへの登録」ページで、利用対象の東北大学メールアドレスの再認証が必要です。
東北大学プランの利用対象となる東北大学メールアドレスは何ですか?
下記のいずれかのドメインのメールアドレスを保有していれば、無料で利用できます。

「@tohoku.ac.jp」
「@dc.tohoku.ac.jp」

これらのメールアドレスが東北大学プランの対象です。

東北大学メールであっても別名アドレス(エイリアスアドレス)はご登録のメールアドレスとしてご利用できませんのでご注意ください。
東北大学プランの登録方法は?
東北大学プランに登録する場合は、

①東北大学メール(@tohoku.ac.jp、@dc.tohoku.ac.jp)を使ってGoogle認証(Sign in with Google)で、Langsmith Editorにアカウント登録する
②メールアドレス認証と利用規約に同意する。

東北大学メール以外でLangsmith Editorを利用している方は、お手数ですが東北大学メールを使ってアカウント登録とメールアドレス認証を行ってください。

東北大学プランの詳しい登録手順はこちらで紹介しています。
有料プランを契約していても東北大学プランを契約できますか?
PremiumプランやEnterpriseプランを契約している場合は、有料プランが優先されます。
有料プラン期間が終了後に、東北大学プランが有効な場合は、東北大学プランが自動的に適用されます。
FreeプランとPremiumプランと東北大学プランの違いは?
Freeプランは、GoogleアカウントまたはEメールで会員登録することで無料で使うことができます。Freeプランには、無料トライアルが付いています。

Premiumプランは、Langsmith Editorの全ての機能が利用できる有料プランです。

東北大学プランは、利用対象の東北大学メールアドレスでアカウント登録し、認証することでLangsmith Editorのほぼ全ての機能が利用できる無料プランです(毎年アカウントの更新が必要)。

東北大学プラン利用者がLangsmith Editorを活用する際に得られた操作データは、サービスの精度向上等に利用させていただきます。操作データの取り扱いは本サービス利用規約をご確認ください。

さらに高機密性・高セキュリティを必要とされる方は、操作データを残さないPremiumプランまたはEnterpriseプランの契約をご検討ください。
無料トライアルとは?
無料トライアルとは、Freeプランに付いているPremiumプランの機能が7日間無料で使えるお試し期間のことです。

無料トライアル期間中は、Premiumプランの下記の機能が利用できます。
・医学・化学・生物学・心理学・計算機科学の下位分野
・比較機能
・優先的なパフォーマンス

無料トライアル期間終了後も引き続きFreeプランの機能を使うことができます。
自動で課金されることはないので、ぜひお気軽にお試しください。